ダンススタジオ

近頃のダンスブームにより、各地でダンススタジオの建設が盛んになっています。
バレエ、ヒップホップ、ジャズダンス、ハワイアンフラダンスなど、各種ダンス用のスタジオを作る場合に最も重要なことは、「音」に対する対策と同時に「振動」に対する防音対策です。何の防振対策もしていないダンススタジオでは、開業後、近隣・外部施設よりクレームが発生するケースが多々あります。またミラー面が大きいため音の反射に対する対策も必要となってきます。
床だけを対策すればよいと、市販のダンス用床や体育館用システム床を使用する場合、使用方法を間違えると現在のスラブより性能が低下し問題となる可能性がありますので十分に注意が必要です。

環境スペースでは、プロ用スタジオ設計の技術と店舗設計のデザイン性を生かし、防音・防振を重視したダンススタジオの設計から、ロビー・フロント等の空間まで使いやすく、快適な環境をデザインいたします。

ダンススタジオに求められる音響条件
1.外へ漏れる音、振動が問題にならないこと
2.外部からの騒音や設備騒音が少なく静かであること
3.室内が響きすぎたり音質を悪くする反射音が無いこと

biz-syo0301.jpg



Copyright (C) 2005 Kankyo Space All Rights Reserved.