ミニシアター・映画館

シアタールームの場合は、室内で出す音が隣接する部屋や隣戸に迷惑にならないようにすることが重要ですが、それと同時に隣接する施設からの騒音の影響で映画鑑賞に支障がないように設計しなければなりません。特に、シネコンのように幾つものシアタールームが隣接する場合、隣の映画の音が聞こえてしまっては集客に大きく影響します。
映画館の標準規格(THX)は劇場内の騒音をNC30以下で音の残響時間を5mm/secなどとかなり厳しい値を規定しています。また、客席とスクリーンの角度にも厳しい規定があります。しかし、残念ながら日本の映画館が全てこの基準を満たしているとはいえません。
映画を最高の状態で楽しむため、小規模なシアタールームからシネコン・映画館まで、デザイン・音響・防音と全ての面から快適な環境をご提案します。

シアタールームに求められる条件
1.外へ漏れる音、振動が問題にならないこと
2.外部からの騒音や設備騒音が少なく静かであること
3.室内が響きすぎたり音質を悪くする反射音が無いこと
4.映像が見やすく、くつろげる空間であること


biz-syo0501.jpgbiz-syo0502.jpg




Copyright (C) 2005 Kankyo Space All Rights Reserved.