音楽ホール

音楽ホールを作る場合に最も重要なことは、音響に対する配慮です。ホール全体の残響はもちろんのこと、演奏家と聴衆のそれぞれの立場で、最も演奏に適した音響空間になっていることが理想です。また、座席によってステージが見えない、音に偏りがあるなどはもちろんあってはならないことです。
ホールは本来は音楽を聴くための空間というだけではなく、社交場としての位置づけも合わせて持っていることを忘れてはいけません。
音響が優れ、デザイン的にもありきたりでない、小規模な集会ホールから、劇場、音楽ホール、多目的ホールまで、訪れた人たちが皆等しく快適に感じられる環境をご提供いたします。

音楽ホールに求められる音響条件
1.外へ漏れる音、振動が問題にならないこと
2.外部からの騒音や設備騒音が少なく静かであること
3.室内が響きすぎたり音質を悪くする反射音が無いこと
4.ステージから出た音が客席後方部まで、良い音で適度な音量で聞こえること

SP091.jpg SP092.jpg



Copyright (C) 2005 Kankyo Space All Rights Reserved.