無響室

無響室は、主にスピーカやマイクロホンの研究・開発のための音響特性測定に使用されてきました。しかし、最近では、私たちの周辺には様々な騒音が渦巻き大きな社会問題となっています。このため、各種機器などの騒音測定や聴覚試験などが必要となり、工場から研究施設に至るまで多くの機関において無響室が設置されています。

測定した無響室によって騒音値が違うことがあります。性能の良い無響室では、値が小さくでるのです。機器メーカのカタログで騒音値を表示していますが、この値が2dB違うだけでその商品価値が大きく違ってしまいます。たとえば、騒音値が31dBのものと29dBのものでは、20dB台と30dB台でのカタログ表示は、印象がかなり違ってしまうのです。

静穏性を売りにしている商品の開発には、良い性能の無響室が必要です。現在、無響室をお持ちの方でデータに不安がある方や、簡易無響室、小型無響箱、防音室を使って測定している方は、この提案書の設計方法を一読いただき、環境スペースにご相談ください。
また、電波シールド対策をしたシールド無響室、シールド防音室も当社へご相談ください。
  loft

無響室に求められる条件

1. 外部からの騒音や設備騒音が少なく測定に支障が無いこと
2. 外へ漏れる音、振動が問題にならないこと
3. 測定に支障がある反射音が無いこと

mukyo01.jpg



Copyright (C) 2005 Kankyo Space All Rights Reserved.