コミュニケーションパース



心に伝わるコミュニケーションパース 
言葉や図面で伝わらないイメージはコミュニケーションパースを使うことで、
あいまいな空間イメージを現実的に表現。
リアリティーが生まれることによって、可能になる
伝わる設計、見える建築



本来、住まいはそこに住む人が創り上げていくものです。
環境スペースは「住む人がデザイナー」をポリシーに、その人の生活や感性、こだわりを理解し、
プロとしてのアドバイス、技術を提供させていただきます。
思い描いている夢空間を実現させるためには、施主、設計者、施工業者の三者が
共通のイメージを持つことが重要です。

環境スペースはコミュニケーションパースを中心に打合せをすすめます。
手描きのパースは言葉や図面では伝えられないイメージを現実的に伝えることができます。
また、初期の段階で完成イメージを確認できるので、無駄な時間、経費を抑えることもできます。


コミュニケーションパース  |  住宅リフォーム  |  別荘新築  |  ダイニングバー




Copyright (C) 2005 Kankyo Space All Rights Reserved.