防音はなぜ必要か?

時代と共に変化する録音方式、録音技術の発達、楽器の多様化、音を利用する商業施設の増加、地域の過密製、全ての要素が防音室の必要性を求めています。

防音した部屋で最高の音響をつくり出すことにより初めて、外部から来る騒音を遮断し、室内の客(目的)に対して最高の結果を与えることができる状況なのです。

したがって「防音する」ことはビジネス上ではもはや常識となってきています。この防音環境をもっと手軽に、コストを抑えて広く普及できるようにしたい・・環境スペースの課題です。



ハイレベルな防音・遮音・音響設計

機能性・デザイン性に優れた室内設計

建築音響デザイナーによる世界に通じる豊かな音楽環境をクリエイト

音響・防音工事

 ライブハウス

ライブハウスに最も重要なことは、外部施設に迷惑をかけず良い音楽を良い音で楽しむことです。良い音空間を実現するライブハウスを多くの実績と確かな技術でご提案します。

 リハーサルスタジオ

メディアの多様化に合わせた機材のレイアウトと、目的に合わせた音響設計をご提案し個性あるスタジオをつくります。

 ダンススタジオ

「デザイン・音響設計・使いやすさ」はもちろんのこと、振動に対する環境づくりも考えてご提案します。

 レコーディングスタジオ

環境スペースの顧問であり、スタジオ設計第一人者の豊島政実氏が設計監修します。

 ミニシアター・映画館

今の映像作品は、ほとんどがサラウンドシステム。迫力ある音を効果的に再現するための技術をご提供します。

 音楽ホール

音楽ホールにもっとも重要な残響を、高性能な音響測定装置により測定。最適な音の響きで最高の音場環境をつくります。


Copyright (C) 2005 Kankyo Space All Rights Reserved.