1.環境の診断と測定

公共のホールからプライベートな空間の音楽スタジオ、個人の住宅まで、音響設計には専門的な音の診断が必要です。施工する環境に応じ、高性能な測定装置を使用して、どういうプランが適正かを判断します。計画段階ではお客様のご要望を十分考慮し、柔軟なプランを提案いたします。

2.基本設計プラン

基本プランでは主として部屋の形状や部屋同士の配置、機材や楽器の配置を決定いたします。
建築音響設計   用途に合わせた部屋の機能、数、照明計画を検討します。
騒音遮音設計   外部との遮音、空調、照明計画を検討します。
室内音響設計   部屋のコンセプトにあわせてデザインを決定。

3.実施設計プラン

基本設計プランに基づいて具体的な遮音構造や吸音構造の詳細を決定していきます。
建築音響の決定   外部、内部、隣室との遮音、空調騒音などを詳細に決定します。
遮音仕様の決定   外部、内部、隣室、上下階間の遮音仕様を物理的なデータに基づき設計します。
室内音響の決定   内装材料、配置、特殊吸音構造を決定し、室形、反射板形状の詳細設計をします。

4.施工段階

施工途中にて現場チェックを行い、遮音構造が問題なく施工されているか、実際に使われている仕上材が音 響上また、施工上問題がないかどうか等を確認します。(当社の特徴は、部屋の仕上げ段階において使う人 と設計者が一緒になって部屋の材料配置、機材や楽器の設置方法、調整について自分の耳で音決めをしていくことです。)
騒音遮音の確認   遮音構造施工の確認、騒音対策確認等を施工中に行います。
室内音響の確認   吸音面、反射面のチェック、天井・壁面形状の確認、その他音響構造の確認。

5.完成後の音響測定

完成後に目標とした音響遮音性能が得られているかどうかを測定により確認します。
音響モニター設備に関しては、スタジオのミキサーを交えて音響調整を行い、音決めをしていきます。
建築音響の測定   残響時間周波数特性、遮音性能、設備騒音、NC値等。
室内音響の調整   伝送周波数特性、音色、低位感、定在波、反射音の干渉の低減、音場補正、残留雑
              音の有無。



Copyright (C) 2005 Kankyo Space All Rights Reserved.